読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっとゆっくりしたい

忙殺される日々の心のオアシスを探すブログ

30代になって後悔したお金の遣い方

幸せなお金の遣い方 考えごと

f:id:akovskaya:20160703152341j:image

前回は後悔してないお金の遣い方についてまとめたのですが、今回は「あーこれ無駄遣いだったなー」って思ったことについてまとめたいと思います。

 

【1】利用シーンが少ないかわいいだけの洋服、小物たち

これ、ほんとに無駄だったなーと思ってます。とくに、仕事にも着ていけないし結婚式にも着ていけないし、休日の大人しいお出かけにしか着ていかんわーっていうかわいいだけの服。社会人なら圧倒的に休日の数は少ないわけだし、そもそも私、休日といえばドライブ(運転席の方)でアウトドアな場所に出かけることが多かったし、大人しいお出かけなんかしないというのもあり。

ショッピングしてるときは「モテそう〜(笑)」とか「かわいい!」と思って、買えちゃう値段だし所有欲を満たすために買っちゃうんですが、1〜2回着ただけであとは着る機会を逃し、大人しいお出かけも仕事用のやつで対応できたりするからかわいいだけの服たちはタンスの肥やしとなっていきました。

しかも、かわいいからなかなか捨てられないときたもんだ。考え方として、在庫はコストなので毎日コスト払い続けちゃってることになるんですよね。

着るシーンが限定されたり、自分のライフスタイルと合わない服や小物は、かわいい!と思ってもガマンですね。

おしゃれ着も結婚式用のワンピも、それぞれ1〜2着あれば十分だな〜と思いました。

 

【2】…あ、あれ?ない?

どうやら私の中での無駄遣いといえば【1】だけだったようです(^ ^;)

 

私はたまたま服や小物関連だったのですが、一般論として所有欲を満たすだけで使わないものは買うなって話ですね。