読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっとゆっくりしたい

忙殺される日々の心のオアシスを探すブログ

貸し農園で収穫スタート!

 今年度は友達の紹介で、千葉県の市民農園をその友達と何人かで一緒に借りているのですが、昨日いよいよ収穫が本格スタートしました。f:id:akovskaya:20160625233450j:image

この貸し農園は毎月第1、3日曜日にプロが「今回はこの種植えてください~」とか「今回はこんな作業してください~」と指導してくれるので、一年間勉強の意味で通っているのですが、暑くなってきてからは農作業自体は第1、3日曜日だけじゃ間に合わず、6月に入ってからは毎週1回、雑草除去→野菜の手入れ→収穫がスタンダードな流れ。何人かで借りているので、その時に来れる人が来て作業していく、という感じでやっています。

昨日はナス、ピーマン、ししとう、インゲンが食べごろに。うちは2人分でこのくらいの戦利品を持ち帰りました~。f:id:akovskaya:20160625233502j:image

ミニトマトはまだ青いのが多くて、収穫した分は持ち帰るほどの量じゃなかったので、参加者だけでその場でいただきました♪f:id:akovskaya:20160625233513j:imageあ~なんて良い写真(笑) ミニトマト、甘くておいしかった~^^

そして、その日の夕食は獲れたて野菜の旨味をそのままを味わうために、美味しいお肉を買って焼肉に。ぐは~!なんて幸せそうな写真。f:id:akovskaya:20160625233526j:imageお肉も野菜も美味しかった~。お腹いっぱい食べて幸せで昇天するかと思いました。

やはりね、自給自足は最高のリスクヘッジだと思うのですよ。自分ちの庭でその日食べる野菜を収穫していただく。世界恐慌が起きても食べていける。物流がストップしても食べていける。生きていける。その可能性が、畑にはあるなぁとつくづく実感するわけです。

というわけで、土地と家が欲しい。

 

【貸し農園 番外編】畑作業の後に、貸し農園と同じ敷地内でやっているブルーベリー摘みもやってきました。まだ早いのもいっぱいあるけど、もう食べごろのやつを探して味見して、200gほど持って帰ってきました。f:id:akovskaya:20160625233544j:imageブルーベリーも育てたいんだよなぁ…。f:id:akovskaya:20160625233601j:image200gで300円くらい。大きいしプリップリで新鮮で甘くて、去年これを味わってからはスーパーでブルーベリーを買うのをためらうようになってしまった。

帰ったら冷凍庫へ入れて、凍らしてアイス代わりに食べるのが好き♪